婚約指輪は受注生産

いつ、どのタイミングで婚約指輪を彼女に贈ったら良いか、初めての時は迷うものです。
そもそも婚約指輪とはどういうものなのかといった基本的な事を知っておく必要があります。
婚約指は男性から女性へ愛の証として贈られるものであり、結納があるなら品の1つとして贈られる事もあります。

そうでない時はプロポーズの際に贈る事も多いです。
そして結婚式当日まで婚約中である事を周囲にお披露目する意味でずっと女性が身につけているのが通常です。
結婚後も続けて日常用として身につけるのが結婚指輪です。
せめてプロポーズ予定日までには指輪を準備しておきたいところですが、そうなると制作期間も検討しておかなければなりません。
一般的には男性が一人で購入するケースが多いため、万が一彼女の指のサイズと合わなかった場合は修正も必要になってきます。
安い買い物ではありませんから予算も検討しなければなりません。
通常婚約指輪はセミオーダーですから、予定日ぎりぎりですと注文に応じきれない可能性も出てきます。

やむを得ない場合は既製品で間に合わせる事になりますが、最初くらいは、彼女に喜んでもらえるような演出が欲しいです。
じっくり彼女が好きそうなデザインを選びたいですし、下準備として相場など調べておきたいですから、やはり先手の準備が肝心です。
いつごろ購入するかはカップルにより違いますからいちがいには言えないのですが、あえていうならせめて半年前には注文しておきたいところです。
今回は婚約指輪を用意するタイミングについてお話しします。



■Special Link
豊富なデザインの中から彼女の好みに合った婚約指輪が見つかります … 婚約指輪 デザイン

Copyright © 2014 婚約指輪を用意するタイミング All Rights Reserved.